×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




野宿(キャンプ)の道具たち(メインキャスト)




マリー号

今現在も密やか進行中?のママチャリ旅プロジェクト。
その主役がこの自転車。母親からのお下がりというなかなか近年稀に見る経歴を持つ。
案外4年もの(2007年現在)という壮年の機体。

なんせ真性のママチャリのため(ギアチェンジなし)主人もその使用をためらっている。
長距離をギアチェンジなしはなぁ。。。

キャリーカート

製品名はOGKノーブランドキャリーカート
車はペーパー、バイク予算なし、自転車はヘタれ、そんなスペックの私が旅に出ることを考えた時、
思いついたのがこのキャリー案。
日本全国旅好きはおれど、キャリーバックで動く人はおれど、
野宿する旅に出た際、キャリーカートにテント一式積んで移動するつわものはなかなかいないんじゃなかろうか、そんなら私はその妙案をやってみようじゃないかと始めてみたキャリーカート。

ちなみに命名されています 「レッド号」(安直

虫除け関連ツール

案外大事なツールなのがこれ
写真はどこでもベープNo.1やけど、
これに加えて蚊取り線香、虫除けスプレーを常備しておく必要があるね。
ベープだけじゃ足りない事例がある。
3シーズン共に共通して言えることだと思う。(春、夏、秋)

テントに虫が入ってくると、快適には間違いなく過ごせません。
気をつけていても、ふとした瞬間に乱入してくる虫たち。

それらを防止、撃退する策は講じておこう。

携帯電話充電ツール

テントを張って夜、することがなくなると大抵イジってしまう携帯電話。
いまどきの携帯にはGPSが搭載されており、道案内などにも大活躍。
当然そうした活躍の裏には電池のなくなりの早さも潜んでおり、いざというときのために準備しておくのが吉。
コンビニとかで売ってるね。使い切ったら新しい電池を交換出来るような仕様の充電ツールが望ましい。

テント生活充実ツール

テントを張って、景色を一通り堪能した後、時間が余るってことはままある。
その時に軽くその時間を楽しめるツールってのも非常に大事。
たとえばワンセグ携帯、ラジオ、ちょっとした本・・・etc.である。

あまり電池を使うものは長時間使えないし、小さくないものは邪魔になる。

小さくて楽しめるものってなかなかないのよね。

テント

当然一番大事なのはテント。
これがなくては始まらない。まぁテントなしで直に外で寝ても死にはしないけど、やはり雰囲気というものがある。
写真のテントはロゴス クイックツーリング200。
初心者でも簡単に組み立てることが出来そうだったから購入した。実際慣れると10分も掛からずに設営出来ると思われる。反面、仕組みが折りたたみのようなものなため、逆に片付けるときにシート類の
しまい込みに難儀するのが悩みのタネ。


シュラフ(寝袋)

普段家なんかで寝てると、案外寝袋なしでも寝れんじゃぇの?って思ってしまいがち。
でも現実は結構キビしいかも。真夏ならいけるかもしれないけど、それ以外の夜って結構冷える。
風通しのいいテントだったりするとなお冷える。

写真はサザンポートのシュラフケース。細かく言えばシュラフじゃない。
シュラフの防寒性を高めるためのシュラフのシュラフといったところか。
そんなんで大丈夫か?と思えるけど、案外夏近くならシュラフケースくらいの薄さが調度良い。
寒い季節ならしっかりしたモノを買ったほうがいいように思う。(せめて万はいこう)
明かり系ツール

暗くなってしまってからのテント内動作には必須。
ガス式のいかにもアウトドア!って感じのにも憧れるけど、発熱の問題とか重さの問題とかを考えたら、やはり電池式か。
本格的に雰囲気を味わいたいならガスやけど。。。
マット

写真のは銀マット。
地面からじりじりとあがってくる冷気を遮断するために大事。
テントだけだとなかなかにお尻が冷たいからね。
寒い時期や、キチンと冷気を遮断したいなら、銀マットという安物にとどまらず、テントマット、ウレタンマットとグレードを上げていく必要がある。
三脚

地味に重要ツール
やはり旅に出たら記録したいよね。

そのときに「自分を入れている」か「入れていない」のかでは全然臨場感が違ってくる。
自分を入れて写真を撮るにはカメラをこちらに向けさせないとね。。。
誰に頼んでもいいけど、いつもかしこも人がいるところばかり行くワケがない。

ペグ&ハンマー

テントが風で飛ばされないようにしっかり地面にとめるためのもの。
これは重要。
夜突風でも吹きさらしてテントが飛ばされて歪もうものならその被害額たるや甚大なものに。

写真はスノーピークのソリッドステーク30。
テントに最初からついてきていた簡易ペグとは比較にならないほど地面への刺さり具合が素晴らしい。
少し重いのが難点やが、がっちり刺さってくれるので投資の価値あり。

ハンマーは百均で十分。
電池

オール電化のこのご時勢において、電池は重要。
明かりが切れたときや携帯の充電ね。

充電式の電池のほうがいいかも。
結構スグなくなるし、毎回毎回買ってらんない。


まぁこれは人の好みかもしれないが、枕はないよりはあったほうが寝やすいね。
グランドシート

グランドシートとはテントの下にひく、
「地面からの湿気を直接テントに当てない」「砂利などの攻撃からテントを守る」

という、「テントが最もダメージを受ける地面との接触部分を守る」案外重要?なツール。
これをしていていないと、テントと砂利がゴリゴリ擦れて弱くなったり穴があいたり、
地面からの湿気があがってきてテント内がジメジメしたりという事態になる。

晴れた日とかでも結構地面に湿気があったりすることもあるから、このグランドシートの効用は大きい。
耳栓
軍手
ストーブ
ウィンドスクリーン
ナイフ
シェラカップ
アメニティ
椅子





to index