×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ロングバケーションロケ地へ〜ロンバケ瀬名マン萬金から秋葉原、栃木、秋田または東尋坊まで〜

07/09/01-10/



 

一日目






今回の旅は、私史上最長スケジュール。

いつもいつも、なんだかもっといきたかったような気がして、

今回は一週間以上スケジュールを切ってみた。


でも行ってみて思ったのは、


そんなに行っても面白くないね。(笑


特に、見所満載、食べ物満載、予算満載でやりたいことやりまくれる旅なら

確かに、

確かに、

確かにスケジュールの許す限り行きたいけどね。


やっぱよくもわるくも学生旅行。貧乏旅行。

宿もまぁショボいとこが多ければ、グルメもたいしたことがない。

そして移動は18きっぷで暇暇暇。

そして駅に近いとこなんてそんなに見所はない。


すると、やはり一週間は十分過ぎるわな。


やっぱ旅には車かバイクだわ。




 

当初の予定としては、実は九州だった。

だって関東とか前回行ったし、まだ私が生まれてこのかた行ったことがなかったのが、九州だったから。


だから九州にでも行ってやるかと思っていたけど、

途中から合流予定だった某氏が急に無理になったという。


すると一週間一人旅になるわけで、それは寂しいよね。


じゃぁ遠出して、確実にいるところ。


うん、関東だね。


そんな理由で、前回とまったく同じ理由、行程で関東へ。

東海道まっしぐら。


大阪から関東・・・ではなく、姫路から小田原。

姫路になったのは、九州に一度向かおうとしたから。


引き返したのね。途中で「寂しい」ってことに気がついて。


しかし引き返したのが昼過ぎだったもんだから、


関東について友人のしん邸にたどりついたのは日付変更直前。


前回よりの環境改善はうれしかったし、

なお、

「今からのしんち行くわ」

「夜くらいになるわ」

「今ついたけど」

すべての電話で

「ごめん、居眠りしてた」と答えられたそのお約束感にしびれたわ。


そんな一日。











 

2日目

 

2日目はのしん邸からスタート!!

 

 

私がのしん邸に襲来する前、どうやら東北から貴族っぽい男が来襲していたらしく、

おかげでずいぶんと快適に過ごすことができた。

その点に関しては非常に彼には感謝している。




 

 

なにするー?観光ー?


そんなことをいいながら、だらだらテレビを見ながら談義。

でもやっぱすることないから、

私が行ったことがない秋葉原&少し話題になっているエヴァ新劇場版を見るという、

結構マニアックな行程に決定。

・・・ま、今のご時勢案外マニアックじゃないのかもしれないけれど。

 

 


道すがら感じたことは、やっぱり東京は規模がでけぇわ。

大阪もぜんぜん負けてないくらい活気にあふれているけれど、

その大阪4つ分くらいあるわね。東京。


大阪、京都、神戸。

その全部を一箇所に集めた感じね。


それでも足りてないかも。それくらいとにかく人間が多い。

こら逆に効率が悪いんでねぇのか?って思ってしまうほど。

新宿とか大阪くらいだもの。

でも東京って新宿だけじゃなくてもっと街があるしね。

それ全部考えたら、やっぱ全力関西でやっと東京一個分くらいか。


そこに神奈川、千葉、埼玉・・・と都心防衛隊が連なっていくわけで。

それをあわせたら関東関西の実力差は歴然。


東京一人勝ちってのがよくわかるね。数の暴力w

 


 

 


エヴァンゲリオン、そんで新劇場版ももちろん見てきたよ。

期待値が低かっただけに、個人的にはかなりよかったんではないかとか。


あれは小学5年生。

裏切られた劇場版。

面白かったのは弐号機復活のときだけ。

最後なにあれ(゚Д゚ )ハァ?


あれから時は過ぎ新劇場版。。

 

ほとんどおんなじカット割りで、焼き直ししただけとはいいつつも、

基本的にはラミエルの話はほぼ全部新作くさい感じだし、映像もきれいやった。

ラミエルがカッコよすぎた。(笑

それだけでも結構見ものだったもの。


もうすでにカオル君もでてきたし、加持さんが殺されながら入手した極秘?情報をすでにミサトさんは知ってるし。

ちょこちょこ違ってきてて、これからの展開に期待が持てそうな雰囲気。


でも最後は輪廻転生オチな気もしなくもない。

 


 


 


そっからようやく秋葉原。

正味もはやパソコン関連にしか興味はないのでパソコン系ショップめぐり。

安い!!ようでまぁ、普通か。


これなら日本橋行っても大してかわらんわレベル。


ただ、言及すべきはその関連店の地域密集度。


日本橋だと、ジャンル別に固まっているようで、実はあんまり固まってなくて、

たとえば何かを店ごとに比較検討しようとしたとき、なかなか移動に手間取るなんてことはざら。


ただ、こと秋葉原に関しては、地区?ごとに結構ジャンルで店が固まっててて、非常に店をめぐりやすかった。


これはデカい。


そんくらいだろうか。ま、一日ちょびっといっただけだったからなんともいえないけれども。

 

あ、あとは路上パフォーマーのアイドル志望?みたいなコがたくさんいて

「おー。。。本物初めてみた」ってなところかな。


案外カワイイ子もいたのが驚き?(失礼

 

 

 

そしてこの日の最後はクラブセガ秋葉に行って終了・・・。100円とか高くね?

でも結構勝てたからよしとする。

一ヶ月以上微塵もギルティしてなかった割には勝てたね。

やっぱり堅実なカイにメコスコにやられて帰ってきたのはご愛嬌





 

 

3日目

 

三日目はロングバケーション観光。


なんか関東で見るもんないかなー?と検討した結果、時代遅れにも瀬名マン跡地が見たくなった私。

あとはチャーシューメンね。(笑



 

 


有楽町から徒歩。

地下鉄とか乗り継いだらお金がややもったいないのと、銀座を通ってみたかったという願望もあり。

いざ新富町ね。




 


 


新富町からはもう、ほんまに1分くらい。

萬金。


一応混雑する昼時を避けていってみたものの、それでも繁盛してはったわ。

人気があるんだね。

 





いまだロンバケのサイン(キムタクや山口智子さんの)が飾ってあったり、






 

 

案外店自体のレイアウトは変わってしまっていたり。

店の真ん中で区切ってんじゃん。


というか撮影用にドラマ内だけでああいう店内配置だったのかな?ずっとこういうスタイルだったのかしら。







 

チャーシューメンはま、懐かしいというかスタンダードな。

思いのほかボリューム自体はあって、それはとてもよかったね。

 




 

萬金でまんまんぷくになったあとは、瀬名マンへ。

案外離れているようで、実はかなり近い。

駅でいうなら浜町あたりだろうか。瀬名マン。


新富町とはそんないうほど離れてない。


別にほかに観光したいトコもなかったし、時間をかけて練り歩きながら萬金から瀬名マンへ。





 

 

 


あいや、

ネットで見てはいたけれども、思っていたよりぜんぜん大きいマンションが立っちゃってるんやね。

かなり立派な。

瀬名マン跡地自体には、なんだか小奇麗なマンションが建立されてた。












いいなーそんなトコに住みたいなー。うらやましいなー。なんて思いながら、

西日が相当きついなか携帯でパチパチ撮影。




南とシンジがラムネを飲んでいた(ラストシーン、瀬名が南に告白する場所の隣)テラス・・・というか階段。














細かいトコみてたら(瀬名マン前の電柱「石川米店」、町の名前「新大橋6丁目」)いろいろドラマを彷彿できて満足満足。


 

 



 
 

 

 

 


瀬名マンの最寄り駅は森下!と見せかけて、

実は浜町もかなり近いかも。しかも浜町から向かうと、川をはさんで橋を渡っていかないといけないから、よりロンバケ臭がするのよね。

























ロンバケ観光を終えた後は栃木の友人邸へと移動。







思いのほか東京-栃木って離れてるのね。

 






4日目 




4日目は栃木からスタート。






関東で合流予定だった某ぴあ氏(頻繁に登場してるあのぴあ氏)から、いつ合流するのかの連絡がなく、ごうを煮やしてのやむなくのさらなる移動を敢行することに。


栃木からどこ行くかなぁ。


そこで思いついたのがどうでしょう的日本制圧マップ。


その理論で行くなら、私はどこを制圧していないのか。


まずは九州。それに中国の山口、島根、広島。沖縄。

加えて「東北」

東北って地味になかなか行かないよね。特に関西圏に住んでるとね。


 




だから秋田に行くことにした。


東北本線で秋田に向かえば、福島、山形、秋田を制圧可能。

そして少し青森さんに顔出して、岩手、宮城と帰ってこれば、東北は制圧や!!

と意気込んで出発。


・・・でも結論としては、秋田到着あたりで急にぴあ氏から連絡があって、急いで関東へ逆戻り。岩手、宮城さんは制圧できなかったわけなんやけど。


 

 




 

 


しかし正直秋田遠いわ。

一番早い東北本線を利用して丸一日かかったもん。

多少山形で途中下車して冷麺うまうましたとは言えね。







 

5日目





秋田へ来た!!

とはいっても、べーつに秋田だからってしたいこともなければ、

秋田グルメを堪能するほどの予算もなし。


したいことといえば、お風呂に入りたい。

それまで大してしっかりお風呂に入っていなかったから。


がっちり洗いたい。気持ち悪い。





 
 

 

 


お風呂にはいるためにハタハタ館という第三セクター?っぽい温泉施設へ。

平日であったこととあいまって、非常にすいててよかった。










 

シャンプーリンスめいっぱい使ってあらってやった。

 


ところが、誤算はこのあと。


秋田は接続が悪いのね。電車のね。あまりにもね。


あまりにも悪いもんでね。

この日はなんと温泉にはいることくらいしかできなかった。

だって、温泉から秋田へもどったらもう夕方・・・というか夜だもの。


仕方ないからご飯食べて、ロッテリア(だったかな?)で適当に時間つぶして、

この日は終了。


秋田来てお風呂入っただけとかどんなけショボい旅なのよ。(笑


まぁそれも味か。


そして例のぴあ公からは「いつ合流するんだ」のメールで、早々の合流をせかされてしまっている状況。


明日にはもう関東に戻らないといけない。

そんななんだかなにしにきたのかようわからん東北初体験。









 

6日目

 

この日は一日かけてまた関東へトンボ帰り。


ロードオブザ東北本線。関東への帰還。



 

 

あんまり急いでトンボ帰りするのも寂しいような悔しいようなだったから、

なんとかどっか見所を少しでも見れないかと試行錯誤してみたけど。


やっぱり無理だった。


早朝から移動開始。

 

 













 

 

夜には関東でのお宿へ。


いやはやしかし、その宿においても、かなり暴風雨やったね。


雨の音でね、なんだかじゃぶじゃぶ言うのね。

それはちょっと怖かった。


朝テレビ見たら思いっきり直撃なんだもの。

そらあのじゃぶじゃぶ音。






 

7日目

 






台風にまみれながら、なんとかぴあ氏と合流。

 

ぴあ氏とかいって(上の写真右)何度も登場してるように、彼金沢なのね。


金沢在住の男と関東は大宮で待ち合わせしたときには正直シビれた。

だって「どこで待ち合わせする〜?」「大宮の東口んとこのロッカーで」だもの。

 

普通大阪在住者と金沢在住者が待ち合わせしたらそんなことにはならないもの。

 

ぴあ氏と合流してからは、その後の予定をさまざま話すも、

案外ぴあ氏とか電話とかでもしゃべって(メールの頻度も比較的多い)るもんで、

そんなこんな旅出発一週間にもなって面倒だなぁ。なんて話になって。


結局一度帰ることに。

 

その帰り道の、風景がこれまたエエ感じだった。


いつもの東海道ならもう見飽きたといっても過言ではないんだけれども、

なんたった台風後。


多摩川なんて増水しすぎて「ホンマに電車でわたって大丈夫かいな!?」とビビるほどの水量だったし、


ほかにも川の名前は忘れたけれども、静岡かなぁ。あのあたりまではぜんぜん濁流パラダイス。


うわぁ!すっげぇ!濁流じゃん!


なんて二十歳にもなってぴあ氏とテンションあげてしまいました。





 

 


そんでまぁ。

なにをするわけでもなく、だらだらとぴあ氏と話しながら帰還・・!


やっぱり貧乏旅行って移動なんだなぁ。
















 

そして、ぴあ氏とは、一回帰って、滋養を蓄えてからもう一度次の日に会おうねッ!なんて言ってたけれども、

次の日は私が寝坊しちゃってお流れ。

その点ぴあちゃんには非常に申し訳ないことしたもんだと反省。


でもね、ぴあちゃん。あなたは栃木でぬるぬるしてからそんなに疲れてないかもしらんがね。


私は関東秋田関東と大移動を重ねてるのですよ。

そら疲れるって。・・・ドタキャンしてごめんね。;;





 

8、9日目

 

そしていよいよ旅のシメ。

福井東尋坊。


ぴあ氏と睡眠による別れを告げて、一人北陸へ。

これまたよく登場する某A氏、先生、タケノコノコと合流。








 

合流したのはいいけれど、なんだかタケノコが悩み気味で、なんだかちょっと面白かった。

そんな悩むことでもないのにねぇ。

ま、ある程度悩みキャラで笑いをとる狙いもあったか。(笑





 


 


東尋坊自体は非常によかったね。

芦原温泉からバスでいくらだっけ?700円くらいかかったのは痛かったけど、ま、それに十分リターンバックする価値はあったと思う。


しかし思っていた以上に東尋坊って観光地化してるのね。


なんしか私の勝手な東尋坊イメージだと、

なんか殺伐とした険しい崖ってことかと思ってたね。


でも行ってみたらば、なんか箕面の滝的な。(笑


メインの東尋坊にたどりつくまでにめっさお店に勧誘されるみたいな。


観光観光しまくりみたいな。








 

 


まぁでも景色はよかったし、崖の先端まで行って、東尋坊を見に来ていた観光船?に手振ったら、手を振り替えしてくれるイイ人ばかりだったし、

なんしかエエ感じやった。


とにかく晴れすぎて暑かったのはご愛嬌。

 

 

お昼はその客引きにノって、空調の効いたお店へ。

北海道ほどではなかったけれど、なかなかうまかったような。











 

 

そしてお宿へ。


お宿を予約したのはいつも通り某A氏なんだけれど、

いつもよりしっかりと旅の予定を立ててるような雰囲気があったから、

私はもう、旅に出る前にあまり口出ししなかったのね。


ところがそこはやっぱり某A氏。

普通にテキトーだった。

宿からめっさ遠い宿を予約してた。

いや、確かに迎えに来てくれたからよかったけど、迎えに来てくれないトコだったらどうする気だったんだだだだ?(笑

 

 



 

そしてその宿自体はまぁよかったけれども、

バスタオル有料にイラっとしたのと、お風呂がちょっと狭かった、お茶有料にイラッとしました。










 

 

お夕ご飯まんまんぷく。

した後は、恒例のダベり場。


なんしかタケノコの新ストーリーを聞いたり、

先客万来女の話を聞いたり、

将棋したり、

でもやっぱり頻尿だったり。


いつまでも会話のレベルが進歩しないのは、人間の悲しい性か。

なんか年老いてもおんなじような話をしてる気がする。

 






 


朝起きて、無事帰路へ。

京都駅のラーメン街?みたいなトコでラーメンをいただいて、


さらに帰り道にHERO映画版を見て帰宅。







  







 

やっぱり旅ってのはそこそこの人数でやるべきだね。(最低2人

あ、いや

一人のがエエ!!って人ももちろんいらっしゃるとは思うけど、私は基本的に若干の寂しがり属性だもんで、

やっぱり誰かいたほうがいいなーとか。


これから旅に出るときはせめて誰か一人連れてこう。

もし予定が合わなそうなら、無理に旅に出る必要なないかもねー。一人でも行きたくなるけどね。実際行くとちょっと寂しげ。

そんな学習をした10日間でした。














to index